いたずら天使
プレママ辞典
こんなときどうするの?
オススメ絵本
ママと一緒に手遊び歌


 すみれのコラム
 お役立ち情報
 トピックス
 おでかけ情報
 きまぐれレシピ
 おすすめリンク集
 ハンドメイド・カフェ

太る原因 脂肪細胞とは 食生活を見直してみよう ダイエットに効果的な運動
脂肪細胞のしくみ
脂肪細胞とは脂肪の合成や分解、蓄積をおこなう細胞で、この脂肪細胞の脂肪蓄積量が増大すると肥満になります。
これまで脂肪細胞は一定の年齢までは増加するものの、その年齢を超えると増加せずに、細胞が肥大するため肥満が起こると考えられていました。
しかし、最近の研究で、一定の年齢を過ぎても脂肪細胞が増殖することが明らかになったそうです。
脂肪細胞が最も増えると言われている時期は、胎児期、乳児期、思春期ということが明らかになっています。とは言え、この時期を過ぎても安心してはいられません。上記でもお話したとおり、脂肪細胞は増殖するのですから・・・

白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞
脂肪細胞には白色脂肪細胞と褐色脂肪細胞の2種類があり、白色脂肪細胞は大量の脂肪を蓄え、中性脂肪としてエネルギーを体内に貯える作用があります。
そして褐色脂肪細胞は余分なエネルギーを熱として放出する働きがあり、その数は幼児期に多く成人になると激減してしまいます。若いときと食べる量がそれほど変わっていなかったとしても年齢を重ねるごとに体に脂肪がつきやすくなるのは、褐色脂肪細胞が減ってくることも大きな要因のひとつです。

上記で説明した『褐色脂肪細胞』の働きが鈍くなっていると肥満になりやすいとされています。
運動をしても、食事制限をおこなってもなかなか体重に変化が起こらない人は、基礎代謝が悪くなっていたり、褐色脂肪細胞の働きが鈍くなっていたりすることがあります。この褐色脂肪細胞を活性化させると太りにくくやせやすい体質へと導くことができるとされています。

ではどのようにして褐色脂肪細胞を活性化すれば良いのでしょうか。
褐色脂肪細胞が持つ - 寒さから体温を保つ - という働きに着目し、体温より低い水の中でするスポーツ、水泳が効果的と言われています。

美容の大敵 セルライト
最近よく耳にするセルライト。薬局などではセルライト用商品も販売されています。
このセルライトは、脂肪細胞のまわりに老廃物や水分がたまり塊となったもの。冷えからくる血行不良や代謝の不良が原因でおこります。このセルライトは一度できてしまうと、周囲の脂肪細胞とくっついて、どんどん肥大化し悪循環をまねいてしまいます。
驚くことに成人女性の80%以上が、このセルライトを持っているといわれています。


セルライト、どんな人ができやすいの?
 冷え性の人
 肥満ぎみで運動不足な人
 食生活に偏りのある人
 湯船につからずシャワーだけで済ませている人
 自分のサイズに合わないきつい下着をつけている人

セルライトが出来にくいようにするためには、規則正しい食生活と適度な運動が必要です。
また、バスタイムに温水と冷水を交互に浴び新陳代謝を促し血行をよくする、新陳代謝を高める、 慢性的なむくみを解消するといった方法が有効です。



太る原因 食生活を見直してみよう
  Copyright(c) 2003-2010. ita-ten.com. All right reserved.