いたずら天使
プレママ辞典
こんなときどうするの?
オススメ絵本
ママと一緒に手遊び歌


 すみれのコラム
 お役立ち情報
 トピックス
 おでかけ情報
 きまぐれレシピ
 おすすめリンク集
 ハンドメイド・カフェ



じゅげむ
作・絵: 川端 誠      出版社: クレヨンハウス
本体価格: \1,200     発行日: 1998年4月
読んであげるなら・3才から 自分で読むなら・小学低学年から


 これまでのオススメの一冊も見てね!


念願の男の子を授かった夫婦が、我が子に縁起の良い名前をと悩みに悩んでお寺の和尚さんに相談に行きました。
「そうですなあ・・・おお、寿限無というのがある」 「五劫のすりきれというのはどうじゃな」 「海砂利水魚というのは、どうじゃ」
和尚さんは次から次へとおめでたい名前を挙げていきます。結果、その全てを名前にしてしまったからさぁ大変!

 未来の保母さんからの投稿

これは落語絵本です、5歳児後半ぐらいからよんであげるといいと思います。          
イントネーションや、言葉の使い方など子ども達には聞き慣れないものばかりなので楽しいと思いますよ♪



教育テレビでやっている“にほんごであそぼ”に出てくるじゅげむでおなじみの、 「じゅげむ」ちゃんの本です。                                                     
まるで魔法のじゅもんのような長〜い名前を坊やにつけて、それにまつわるお話です。       
私が子供の頃は、暗記力を鍛える兼早口言葉として親しみました。                   
覚えてから随分経った今でも、結構すらすらと言えたりしてびっくりです! よく読んでみると、結構おもしろくて、あぁこう言う事だったのかとうなずけます。                           
みんな縁起のいい言葉の羅列なので、安心してお子さんに読んであげてください。          
言葉の持つ音(ひびき)の楽しさで、リズムに乗って一気にどうぞ!

 これまでのオススメの一冊も見てね!



 
 
 
  Copyright(c) 2003-2010. ita-ten.com. All right reserved.