いたずら天使
プレママ辞典
こんなときどうするの?
オススメ絵本
ママと一緒に手遊び歌


 すみれのコラム
 お役立ち情報
 トピックス
 おでかけ情報
 きまぐれレシピ
 おすすめリンク集
 ハンドメイド・カフェ



作: (ウクライナ民話) 絵: エウゲーニー・M・ラチョフ
訳: 内田 莉莎子 出版社: 福音館書店
本体価格: \800  発行日: 1965年11月1日
読んであげるなら・3才から 自分で読むなら・小学低学年から


 これまでのオススメの一冊も見てね!


くいしんぼねずみはおじいさんが雪の上に落としていった“てぶくろ”の中で暮らすことにしました。
そこへびょんびょんがえる、はやあしうさぎ、おしゃれぎつねが次々とやってきて、「私も入れて!」と、てぶくろはぎゅうぎゅうずめに・・・
・・・・ やがて ・・・・・

寒い雪の降る森の中、雪の上に落ちていた手袋。 くいしんぼねずみが住みたがるのもうなずける、あったかそうな手袋。                                              
子供の良く知っているどうぶつ達が、個性ある絵で描かれています。不思議です、おじいさんの小さい手袋のはずなのに、どうぶつさんが中に入ると、りっぱなお家になります。           
                                                         
かえるさん!うさぎさん!きつねさん!ぎゅーぎゅー、次々と7匹もてぶくろのお家に入ります。
                                                          
全員紹介すると・・・、くいしんぼねずみ、ぴょんぴょんがえる、はやあしうさぎ、おしゃれぎつね、はいいろおおかみ、きばいのしし、のっそりぐま!大人にすると考えられない組み合わせですが、絵本の世界ではみんな仲良し。                                  
                                                          
寒い森の中に住むどうぶつ達の顔がとても素敵に描かれています。独特な個性ある色と表情、加えて「次のページ!」が知りたくなる、足し算のお話が子供にとって興味を引くようです。本当に寒そうで、そこ描いてあるあったかそうなてぶくろに入りたくなりますよ。                  
                                                          
「どうぶつさん、寒いの?」                                          
「あやも入る?」「くまさんは入れないよ〜!」                              
「入れ〜て。」「いいよ。」                                           
あやちゃんも、手袋に入ったどうぶつさんたちを真剣に心配しながら、どきどきわくわく絵本のお話に参加しています。寒い冬、てぶくろの季節、読んであげています。             

 これまでのオススメの一冊も見てね!



 
 
 
  Copyright(c) 2003-2010. ita-ten.com. All right reserved.