いたずら天使
プレママ辞典
こんなときどうするの?
オススメ絵本
ママと一緒に手遊び歌


 すみれのコラム
 お役立ち情報
 トピックス
 おでかけ情報
 きまぐれレシピ
 おすすめリンク集
 ハンドメイド・カフェ

もしものための やけど応急処置法

もしもの時のためにやけどの応急手当てを知っておきましょう。

  応急手当てと注意
どんなやけどでもすばやく30分以上水で冷やします(患部のみ)。

→ 目・耳・鼻の周りなど、水で流しにくい場所は冷たいぬれタオルで冷やします。
→ 衣服の上からやけどをした時は、無理に脱がさずそのまま冷やします。
→ 胸、お腹、背中など、範囲の広い時はシャワーで冷やします。
→ 氷や保冷用品を直接当てると皮膚を傷つけることがあるのでやめましょう。
→ アロエ・みそ、刺激の強い軟膏などは塗らないようにしましょう。
→ 水ぶくれはつぶさないようにしましょう。

こんな時は急いで病院へ!
やけどの範囲が大人の手の平以上の時。
大きな水ぶくれができた時。

皮膚がむけ落ちる感じの時。

顔面、外陰部のやけどの時。

! 患部を清潔なガーゼで覆って受診しましょう。


  低温やけど

低い温度で、長時間に及んだやけどのことです。見かけ上は軽く見えても、かなり組織を破壊している可能性は高いです。必ず、病院へ行きましょう。
例えば、使い捨てカイロ、ホットカーペット、電気毛布などでもおこります。 子どもは皮膚が薄くやけどが深くなりやすいので、その時は軽症に見えても翌日にひどくなっていることがあります。子どものやけどは軽く考えず、なるべく病院へ行くようにしましょう。



このページのTOPへ

  Copyright(c) 2003-2010. ita-ten.com. All right reserved.