いたずら天使
プレママ辞典
こんなときどうするの?
オススメ絵本
ママと一緒に手遊び歌


 すみれのコラム
 お役立ち情報
 トピックス
 おでかけ情報
 きまぐれレシピ
 おすすめリンク集
 ハンドメイド・カフェ

タバコや薬品 食品などの誤飲について

1〜2才くらいまでの子供は何でも口に入れて確かめる癖があります。食べても安全なものからそうではない危険なものまで・・・ 
例えば子供の事故で一番多いタバコの誤飲。何故、誤飲の一番はタバコなのでしょうか ・・・大人がタバコを吸っている動作があまりにおいしそうに見えるのでしょうか・・・!
じょうだんはさておき、タバコの誤飲の場合、有毒成分であるニコチンが一番問題とされています。ニコチンの致死量は、 乳幼児で10から20m/ngと毒性が非常に高いです。最も気を付けたいのはタバコそのものを誤飲するというよりは、 空き缶などのジュースの残りを灰皿がわりにしてタバコがジュースに浸かっていた場合ニコチンがとけ出していて、それを誤って飲んでしまう場合。 これは非常に危険です。もしそのような場合は、誤飲の量にかかわらず、すぐに医師の診察を受けたほうが良いでしょう。
その他薬、ボタン、ビー玉、硬貨、洗剤、おもちゃの細かい部分などさまざまです。
細かいものや危険なものを子供の身の回りに置かないのはもちろんの事ですが、もし万が一誤飲してしまった場合には、迅速で的確な処置が大切です。

もしも誤って異物を口にしたら
1. 吐かせる
コップ1杯程度の水を与え、指を口の中に入れてのどを刺激し、吐かせます。ただし誤飲したものや状況により、 吐かせてはいけない場合があります。
以下の場合にはすぐに医師の診断を受けることが必要です。

意識がなかったり、はっきりしていない場合
嘔吐物がのどにつまり窒息を起こす恐れがあります

ガソリンや灯油、シンナーなど
誤って気管に吸い込みやすく肺炎を起こす危険があります

トイレ用洗剤や漂白剤などの強い酸やアルカリ製品
吐くことにより食道などの粘膜のやけど(ただれ)をひどくします

けいれんをおこしている場合
窒息するおそれがあります

製品説明書に「吐かせてはいけません」と書かれている場合


2. 飲み物で薄める
酸やアルカリを含む製品、または生石灰などの乾燥剤を飲んだときは、牛乳や水を飲ませて薄めます。 この場合、ジュースや炭酸飲料などは飲ませてはいけません。また、ナフタリン、しょうのうや石油製品は牛乳を飲ませてはいけません。


3. 洗い流す
薬品が目に入ったり、皮膚についた場合は、流水でよく洗います。特に目に入った場合は、やかんなどで水をゆっくり流すか、 水道の場合は弱い流れの水で流しましょう。勢いの強い水で洗うとかえって目を傷つける場合があります。
以上の事をふまえ、日頃から何が危険であるかを気をつけることが一番大切なことです。




異物がのどにつまったら


呼吸がしにくく顔色が悪い。ぜーぜーして呼吸が苦しそう。目を白黒させていて苦しそう
↓
ただちに救急車を呼び、救急車が来るまでに詰まったものを吐かせましょう。


! 吐かせかた
1. つまったものが見えたら指で掻きだす
2. ひざを立てて子供のおなかを乗せ背中を強くたたく。この時口を開けておく。
3. 子供を背後から抱え両手を胃のあたりで組み、突き上げるように数回強く引く。
(この方法は意識があるときのみ)

誤飲 CASE1
2歳の男の子がシャボン玉液を飲み大学病院にTELしたところ、痛がっていなければ様子をみてと言われ、その後何もなかったのでその時はそのまますみました。 別の日、今度はシャボン玉のストローをくわえたまま壁にぶつかり、上あごにストローがささり出血しました。また大学病院にTELをしてから、 ささったストローを持って病院に行き診察をしてもらいました。レントゲンを取りましたが大事には至りませんでした。

誤飲 CASE2

5歳の男の子が寝ながらパチンコ玉で遊んでいる時、誤って飲んでしまいました。しかも、それが1日たって発覚(母に叱られると思ったらしい)! 普段と何も変わらなかったので特に医者には行かず、便が出るたび割り箸でパチンコ玉を探し、3日後・・・無事に便と一緒に排泄されました。


このようにちょっと聞き込んだだけでも、軽い重いは別として、親はひやりとする事が多々あります。 そして、どの親も気が動転してしまいパニックを起こしてしまいます。冷静にとは思っていても実際我が子が危機にさらされるといろんな最悪事態が頭を駆け巡り、 血が出ようものなら”死なないでー”と思ったりしてしまうのです。

色々な話を聞いていて必ず出てくるのは、まず病院に電話をするという事。何か事故が起きたら病院に電話をするのは当たり前のことですが、 気が動転している親にとってはなかなか困難な行動で迅速に行えないものです。そこでやはり普段からの予防の中で、かかりつけの病院の電話番号と大学病院などの総合病院の電話番号、 それから車がない場合は、どこか近所のタクシー会社の電話番号もすぐにわかるように控えておくといいでしょう。 もちろん、命にかかわる場合や自分で判断出来ない場合などは迷わず救急車を呼びましょう。


このページのTOPへ

  Copyright(c) 2003-2010. ita-ten.com. All right reserved.